沖縄のログハウス木製窓取替と外壁塗装

施工前

沖縄の風土に負けない、ログハウスの再生

皆様、こんにちは。
今回は沖縄県うるま市で行った、
ログハウスの部分修繕についてご紹介します。

ログハウスは、木の温もりを感じられる
魅力的な住まいです。
しかし、沖縄の強い日差しや雨風によって、
木製部分や外壁は徐々に劣化していきます。

今回のリフォームでは、
お客様のご要望を叶えるだけでなく、
ログハウスの風合いを生かした機能的な空間へと
生まれ変わらせることを目指しました。

お客様のご要望
 ・木製窓が朽ちてきたので取り替えたい
 ・雨漏りをどうにかしたい
 ・痛みが激しい外壁をどうにかしたい
 ・畳間をフローリングにしたい


こだわりポイント
 ・雨漏り原因を徹底調査し、
  違和感なく補修!
 ・外壁塗装は、ログハウスに最適な
  キシラデコールを使用
 ・畳間をフローリングに変更し、
  使いやすく!

仕様一覧はこの記事の下の方にあります。 

施工の流れ

【1. 木製窓の撤去】

長年風雨に晒された木製窓は、
下枠が外れてしまうほど朽ちていました。
安全に作業を進めながら、
丁寧に撤去していきます

撤去場所

【2. 窓取り付け部の下地補修】

新しい窓を取り付ける前に、
下地をしっかりと補修します。
ログハウスは木材が乾燥収縮するため、
歪みや隙間が生じやすい箇所です。

開口部補修

【3. 開口部分の養生】

一日で全ての作業を完了することは難しいため、
開口部分をベニヤ板やビニールで覆い、
雨風から保護します。

養生

【4. アルミ窓の取り付け】

耐久性と気密性に優れたアルミ窓を設置します。
ログハウスの雰囲気に合わせ、
ブロンズカラーを選びました。

取り付け

【5. 雨漏り部分の補修】

専門知識と経験に基づいて、
雨漏り箇所を徹底調査。
透湿シートやブチルテープなどを用いて、
根本原因から解決します。

外壁補修

【6. 外壁の研磨・塗装】

傷んだ外壁表面を丁寧に研磨し、
防腐剤配合のキシラデコールで塗装します。
チーク色で仕上げることで、
ログハウスの温かみをさらに引き立てます。

研磨中

【7. 床張り替え】

畳間をフローリングに変更することで、
使いやすく生まれ変わります。
今回は、チーク材の3Pフローリングを使用しました。

床張り中

新築のような輝きを取り戻す

完了
外壁の研磨・塗装によって、
ログハウスは新築のような輝きを取り戻しました。
お客様からは、

『想像以上に素晴らしい仕上がりで、
とても満足しています。
まるで新築のような気分です。』

という嬉しいお言葉をいただきました。

リフォームやリノベーション、
住まいの空間に関するお困りごとは、
お気軽にご相談ください。
お客様のご要望を丁寧に伺い、
最適な解決策をご提案いたします。

仕様は以下の通りです
●窓
 ・アルミ(ブロンズ)
 ・ガラス(フロート)
●外壁 塗料
 ・キシラデコール(チーク)
●フローリング
 ・チーク(3P)ナチュラル


さらなる詳細やお見積りのご相談については、
こちらからお問い合わせください。

リノベーション、リフォームについても
詳しく説明した記事がありますので、
ご興味がある方は以下のリンクをご参照ください。

過去に我々が手掛けた工事の記事もあります。
具体的な施工内容やアイデアを得たい方は、
以下のリンクからご覧いただけます。

関連キーワード
リフォーム
リノベーション
雨漏り
外壁塗装
フローリング
沖縄
うるま市

きくはら工務店のYouTubeチャンネル出来ました!
きくこうチャンネル
これから動画を上げていきますので
チャンネル登録お願いします。

こちらは当社が運営する宿泊施設のYouTubeチャンネルです。
マムヴィッラ(mumvilla)

その他
リフォームの可否を見極めるポイント
沖縄のリフォーム会社選びのポイント

コメント


認証コード0528

コメントは管理者の承認後に表示されます。